Anti_cult掲示板
この掲示板は投稿しても管理者が内容を確認するまでは掲載されません。掲載されるまでしばらくお待ちください。

[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[4661] 噂の東京マガジン 投稿者:匿名 投稿日:2011/08/21(Sun) 15:21  

噂の東京マガジン 2011年8月21日放送の内容です。(ディレクター 奥田幸紀手記)
【  】内は秀明会に当てはめてみました。
今回は千葉県船橋市の寺で起きている住職と檀家の紛争を取り上げました。
発端は番組で度々取り上げている「墓地問題」。
しかし、この問題の本質は「寺は誰のものか?【秀明会は誰のものか】」というものでした。
自分自身、そんな問いかけをされたこともなければ、考えたこともありませんでした。
しかも、取材に取り掛かった当初「檀家の皆さんは何故、これほどまでに怒っているのか?」と不思議にすら感じていました。 【秀明会信者からなぜこんなに訴えられているのか、こんなにサイト等で苦情が多いのか】
それは今まで「寺は住職の物で、その家族が世襲していくもの」と漠然と思っていたから。 【秀明会は、小山家の物でその家族のものとおもっているから当然のこと】
しかし、そもそも寺の運営、住職の生活はどうやって成り立つのだろう… 【秀明会小山弘子(小百合)の生活はどうやって成り立つのだろう】  どこから収入を得るのだろう…
そう考えてみると答えは意外と簡単だということに気がつきました。
檀家のお布施や寄付。 【信者の玉ぐしや献金】 つまり、檀家が寺を支え、住職の暮らしを成り立たせているのです。
【信者が秀明会を支え、小山弘子の暮らしを成り立たせているのです。】だから、寺は住職のものでもなければ、檀家だけのものでもない。 【秀明会は小山弘子(小百合)ものもでない】
寺はみんなのもの。 【秀明会は、信者のもの】
住職がこのことを理解していれば、起きるはずもない問題だった思います。  【小山が秀明会のものも自分の物の一緒にして、玉ぐしと献金とバスダ代と運営費を私物化・嘘の奇蹟や嘘の帳簿(二重帳簿)金銭の不明確さががなかったら起きない問題(典型的な詐欺師の手口)】
しかし、それを理解していないということは、宗教法人の有り方を理解していないことであり、そうした人間が僧籍を持ち、寺を運営している現実に背筋が寒くなる思いがしました。 【それを理解していないということは、宗教法人の有り方を理解していないことであり、そうした人間が僧籍を持ち、秀明会を運営している現実怒り心頭です。】

そして、義理の母親とはいえ、親に悲しい思いをさせ、親を大事にできない人間に、よく住職が務まるものだと思います。
【信者を苦しめ・お人好しばかり(全員に言わないのがずるい・卑怯者・典型的な詐欺師)に半強制的に献金を強要しご自分は私腹を肥やしていたものが秀明会のトップが務まるものでない!】
最後に、なぜ、曹洞宗も住職も収録取材に応じないのか?自分たちの言動や対応に恥じるべきものがなければ、堂々とカメラの前に立ち、世間にその意思を明らかにすべきではないでしょうか。   【秀明会が金銭の開示をしないのか自分たちの言動や対応に恥じるべきものがなければ、堂々と信者や、世間にその意思を明らかにすべきではないでしょうか。】
この問題は今回で終わりではありません。同じ船橋市で起きている墓地競売問題同様、今後の放送も見据えて、今後も取材を続けたいと思います。
取材に応じなかった曹洞宗、「お盆で忙しいから」とは、二度と言えないはずです。
以上のことが放映されました。
秀明会は、ここに記載している曹洞宗よりも数倍いや百倍・一千倍以上かも知れない(金額でいえば)悪事を行ってます。(精神的・生活的にも破壊している) 秀明会に被害を受けた皆さん是非噂の東京マガジン に投稿して実態を放映してもらいましょ。たくさんの方が噂の東京マガジンに投稿があればこれ以上(曹洞宗)反響があるにちがいがありません。このことを知ったテレビ局も視聴率が取れると思いますのでみんなが投稿すれば取り扱ってもらえると思います。みんなにで投稿すれば信者みんなが宗教詐欺から救えます。



[4660] 消費者団体が悪質商法賠償訴訟を代行…内閣府案 投稿者:匿名 投稿日:2011/08/20(Sat) 14:15  

 悪質商法に対抗する訴訟のあり方について、新たな仕組み作りを検討していた内閣府の消費者委員会の専門調査会は19日、消費者団体が被害者に代わって損害賠償を求める訴訟を起こすことで、被害者の負担を減らしつつ一括解決を目指す「集団的消費者被害救済制度」案をまとめた。

 同調査会の報告をもとに、消費者庁は来年の通常国会に法案を提出する方針。

 制度案では、全国に九つある適格消費者団体が、まず悪質商法の業者などを相手取り、損害賠償請求訴訟を起こす。業者の違法性を認める判決が確定した後、被害者が適格団体に届け出て手続きに参加すれば、個別の審理を経て賠償を受け取ることが出来る。被害者の代表者が一括して訴えを起こす米の「クラスアクション制度」など、欧米諸国の制度の長所を取り入れた。


[4658] 神世界 投稿者:匿名 投稿日:2011/08/17(Wed) 14:10  

神世界「教祖」ら4人逮捕へ=詐欺容疑―神奈川県警

神世界グループは、傘下のサロンで「キツネの霊が取りついている」などと虚偽の説明をし、1回10万〜数百万円を要求。売り上げは2000年から08年にかけて170億円あったとされ、被害者は全国で数千人に上るとみられる。 

被害者数十万人の秀明会は?


[4657] 秀明会・注意事項 投稿者:匿名 投稿日:2011/08/09(Tue) 03:58  

●辞める時、信者に連れられて支部・集会所に一緒に行くのは危険(行く時間帯が分かったら支部・集会所で待ち伏せされている場合があるし何かしらヤラレル可能性がある)
●辞める時、催眠暗示をかけられているので一人で行くのも危険です(長時間の間、支部や集会所にいれば秀明の応援が来る)
●辞めてから支部や集会所に騙されて行くのは危険です(強制的に洗脳される危険があるし催眠かけられた場合は後々面倒になる)

秀明会にかかわっていた人は、いま一度侵入されていないかセキュリティーを設置しているか警察にすぐに通報できる状態にあるか確認してください。セキュリティーの暗証コードは頻繁に変更してください。 催眠にかけられていたら侵入されていても分からない。


[4656] やり方 投稿者:匿名 投稿日:2011/08/03(Wed) 10:02  

●物事の2面性を使ってくる。 
●催眠や妨害工作によって仕事を短期で辞めている人は仕事の情報や秘密・仕事場の人間の秘密を聞き出されている可能性がある。 
●暗示で色々な情報を聴きだしている、友人・彼氏彼女・親族。 
●利益になる人や金持ちは諦めない、どんな手段でも用いてくるだろう。 
●片方が相手を落とし入れて、もう片方が相手を助けるといった方法を使ってくる。 
●落とし入れてくる人は協力会社にした、もしくは脅迫して協力さした会社や人。

●洗脳時に誰が洗脳しているのか落とし入れているのかわからないように他の団体や名前を偽って洗脳してくる、そしていかにも秀明会が助けたように見せてくる。 
●職場がばれたら宗教の人間がもぐりこんでくる場合がある。 
●思考が変えられているのが分かる、過去の自分と見比べたら、この考え方おかしいぞという部分がでてくる、そこを探っていくと膜みたいなボヤケタ部分に辿りつく、そしてその部分の思考が変えられているのが分かる。 
●催眠で記憶を消された部分もその記憶を持っている相手と話して、記憶が消えていないか探ることで記憶が蘇る。 
●催眠によって不法侵入してきた時期を分からなくしている。 
●暗示にかけている間の連中の態度は激変する。いつでも記憶を消せるからだろうね。 
●自分達が訴えられたり捕まったりしないように相手を追い込んだ後や証拠を無くしてから襲ったり、相手を落としいれたりもする。


[4655] 秀明会の裸の王様 投稿者:匿名 投稿日:2011/08/02(Tue) 22:36  

童話のはだかの王様は、自分のプライドが高いゆえに詐欺師に騙され周りの信頼されている人にも騙され世間の人に恥をかくのですが、
(民衆にはなにも害はない。)
秀明会の裸の王様は、プライドが高いのは同じで、詐欺師であり、王様が信頼している人たちも詐欺師と分かっていてせいかつクビを恐れ正しいことを言えない意気地なしで、(本音を言えないで裸の王様の顔色ばかり気にしている浅はかなものばかり)世間でもあり得ることや嘘の奇蹟を書き立てここが世界を救う超宗教と言い張り、無知な民衆を騙し、金銭を巻き上げる独裁国家と同類の裸の王様なので性質が悪い。卑怯者と言うことは知っていてもクビになるのが嫌で厭々ながら付きまとうトリマキばかり。
でも、もうすぐ内部から勇者が名乗りを上げるでしょう。
秀明会内部の勇者たちへインターネット(当サイトも含む)やYou Tubeで書き込みをしてください。本当に明主様信仰をしている。又は望むのでしたら新たに復興しようでありませんか。震災で被災している人たちを思えばできるはずです。
歴史的にも独裁者の末路を観れば明白である。
まさに典型的な詐欺師いや独裁者。
独裁国でも、今は民衆が本当のことを知ればつぶれる時代になりました、独裁者もトリマキがいるのと同様何もかも悪いことばかりしている訳ではありませんだが、根本が間違っている。欲や嘘から始まった団体は、しょせん本物ではない。
これだけ、世間を騒がせ平気でいられるはずがない。
最初は純粋に神様を求めてきた人ばかりじゃないのですか?(一部を除いて)
「塵も積もれば山となる」最初は、私みたいな塵みたいな書き込みですが必ず心に響く人たちが入るはず。
このサイトを観た私がそう思いました。
このサイトに感謝すると同時にこれだけの苦情がある限り、これを秀明会が改めない限り、塵みたいな書き込みもきっと役に立ちます。




[4654] 負けないで 投稿者:匿名 投稿日:2011/08/02(Tue) 17:08  

秀明信者は(4077)でみられる様な恋愛感情を利用しての洗脳、暴力団による脅迫や弱みを握られたり、弱みをつくらされての脅迫などで信者の人が辞めないよにされています。 連中は色々な手法を用いて言葉巧みに相手を混乱させてくるでしょう。不法侵入もしてきます(信者は合鍵を作られている)。情報を与えたら、それを利用してきます。暴力団の手法も使ってきますし暴力団を使ってきたりもします。 この秀明会は破壊カルトだということを忘れないで下さい。


[4653] 無題 投稿者:匿名 投稿日:2011/08/01(Mon) 18:22  

 秀明会では催眠暗示が悪用されています。特徴としては催眠中の映像と現在行動している映像を結び付け、覚醒時に記憶を呼び覚ます方法。
 いろいろなことを予測または後付けで映像を催眠中に見せているのだろうと思います。後は覚醒時に声が聴こえるようにされていることです。これも催眠中に入れられ、覚醒時に答えた言葉を後で催眠暗示で聞き出すものと思われます。
 秀明の催眠術は一度かけられたら何度でもかけられるようにされています。完全催眠に入ったら催眠中の記憶は消えます。催眠暗示で病気になるように誘導されている可能性もあります。
 催眠術で出来ることを信者はやられているものと思われます。たしか秀明のトップは催眠術師だったと思います。


[4652] 裸の王様補足 投稿者:一般常識 投稿日:2011/07/30(Sat) 23:54  

はだかの王様
神慈秀明会の問題点の根本は、教条主義と形式主義にある。
 すべての問題を深く掘り下げず、信者の率直な声は「不平・不満」として圧殺し、核心に迫る追及からは、「明主様がこう言っているから」と逃げ、原理原則を絶対のものとして会の運営をしてきたのが神慈秀明会である。

明主様信仰の、原理原則を絶対のものとして会の運営をしてきたのでしたらこんな不祥事はあり得ないと思います。
「明主様がこう言っているから」どうやって亡くなった人とどうやって話せたのでしょうか?
書物に記載されていたのでしょうか?全く教えを無視した自己中心的解釈(言い訳)に過ぎないと思います。

秀明会のたった100編の教えすら守れていない秀明会は、明主様信仰を名乗る資格はない。
@ 下座の業(全く謝る態度がない。)
A 「待つ身になるとも待たれるみになるな」(裁判でもなんでも都合が悪いことは連絡もしない・開示もしない)
B 思いやり・誠・奥ゆかしさを提唱しているが、部下の責任や他人の責任等にしてご自分はあたかも被害者又は無知なふりをする。(ああ情けない)
C 半強制的な献金の強要(気の弱い人にだけ集団で集中的に献金を因縁や先祖の穢れを取るために100万円(桃の実献金)必要だの言葉巧みに持っていく)
D 他の宗教を邪教と言って触れないように指示していた。(明主様信仰は、他宗教に触れることも多いに結構と言われている)

明主様信仰と言っていたことが違っていたこと、口では良いことを言いつつ裏では逆のことをしていたことは絶対に許されないことです。(全く根本が明主様信仰でない。)

今までの経緯を観ると離脱自体不純な動機から(金銭目当て)したことで、その証拠が道徳や人の道を説くところでありながら、バス代の着服・政治献金・不動産購入時の利ザヤ・献金の着服等々噂や事実がはびこっている。
例え噂だと(事実と認めなくとも・罰せられなくとも)証拠を提示できない。明確にしない。金銭の管理体制がずさん要は、着服等できる状態であるお粗末な管理体制であることは限りなく黒に近いということ。

@ 50億以上とも言われる小山家の財産。(信者には、精一杯の献金、借金までもして献金を進めていたものが毎年1億円以上の信者の浄銭を私物化していた計算になること。)


 宗教が教義の解釈においてある程度教条主義に走ることはやむを得ないとしても、日常的な諸問題までを全てその宗教の原理原則で解決しようとするのは現実を無視した教条主義である。

「宗教の原理原則でない!」ただ、一般常識では考えられないご自分の行動を正当化しようとして明主様信仰を利用しているだけで、明主様信仰とは似ても似つかない。
明主様信仰を冒涜している。


 この現実社会での問題処理能力にことごとく欠けているのが神慈秀明会である。この重大な欠陥が秀明会の命取りとなる。なぜ、秀明会が問題処理能力に欠けているかというと、秀明会が主体性に欠けた人間の巣窟だからである。こういうとすぐに、「主体は明主様であり、明主様に優る主体などあるはずもない」と反論される御仁があるかも知れないので、念のため申し添えると、神としての主体性を論じているのではなく、組織としての主体性がないことを論じているのである。秀明会に一定期間在籍していた者であれば、秀明会の組織運営に主体性が確立されていなかったことは皆、実感している。

場当たり的回答があまりにも多すぎる、だから最後は明主様(神様)のせいにして逃げているにすぎない。「あまりにもお粗末」人のせいどころか、神様のせいにまでするのだからあいた口がふさがらない。明主様信仰(ブランド)を口にするだけでも腹立たしい。

 宗教団体であろうとも、日々の組織運営は神ではなく人間が行っている。決して神様が組織運営までやってくれている訳ではない。しかし秀明会では、その組織運営にまで神様を持ち出し、組織運営上の問題点や矛盾点が発生してもそれを人間が解決する努力を怠り、明主様の神意という形式主義で押さえ込んできた。ここに重大な欠陥があり、秀明会幹部はこうした神意を逃げ口上に利用した論点すり替えを行う態度を徹底的に改めねば信者の信頼を失うだけである。こうした組織運営上の問題を解消しないかぎり、秀明会の体質が改善されることはない。

 なぜ、神慈秀明会が教条主義や形式主義に陥ったかというと、その根本は「離脱の神意」にある。「離脱の神意」を絶対のものとし、何がなんでも「離脱の神意」は正しいものとして信者に押しつけてきた。一部の聡明な者の間では、離脱当時から数々の問題点が指摘されていたが、近年になってインターネットを通じて「離脱の神意」にまつわる「真相」が暴露され、「離脱の神意」が虚構に満ちたものであったことは多くの者が知るところとなった。
 「離脱の神意」に端を発する教条主義に凝り固まった秀明会幹部は、こうした事実を前にしてもそれを事実として認めないばかりか、その真偽を確かめようともしない。このように、教条主義の手本のような思考回路を身にまとっているのが秀明会幹部である。
 教条主義者・神慈秀明会幹部は秀明会の強引な献金強要や自己放棄という名の強制労働によって多くの信者が生活を破壊され、彼ら信者とその家族が貴重な人生を台無しにされた事実にも目を配ろうとしない。このような重大な人権侵害が現代日本で行われてきたのは驚異ですらあるが、秀明会では日常茶飯事のごとく普通の出来事であった。
 教義を盾にして反社会的行為を正当化する行為は罪悪であって信仰などではない。教義を盾に真実を著しく歪め、信者を欺き、金をまきあげ、自己放棄という強制労働に駆り出す行為は決して許されるものではない。
 神慈秀明会幹部にとって大切なのは信者の幸福ではなく、秀明会の存続と発展であり、秀明会の発展の為であれば、信者が犠牲になってもそれを是としてきた。
 秀明会幹部が信者の幸福よりも秀明会という団体の擁護に主眼を置き、我が身の保身と収入源の確保を優先した時点で、すでに秀明会は宗教団体としての目的を逸脱し、衰退への道をたどっている。

 企業でも、各種団体でも、宗教団体でも、「組織」にとって最も重要なのは、その組織が社会に受け入れられる存在となれるか否かである。今、神慈秀明会を社会は受け入れてくれるであろうか。
 宗教団体としての目的を逸脱し、集金団体と化したエセ宗教団体を受け入れてくれる社会など存在する筈もないのは明白である。
 危機管理能力に欠けた組織が、問題が生じた際の対応を誤った為に社会から排除される姿を、近年我々は数多く見てきた。現実を見ようとせず、教条主義に凝り固まった思考しかできない者に危機管理能力はない。つまり、神慈秀明会に危機管理能力は無いに等しいと言える。危機管理能力がないが故に、ここまで秀明会は自らを危機に追い込んだといっていいだろう。
 神慈秀明会の異常さに気付いた信者が次々と会を去っていく中で、新たな信者を獲得することは非常に難しい現状がある。インターネットを利用した「秀明の悪行暴露」がそれに拍車をかけているが、こうした秀明会の衰退という現実ですら、教条主義者である秀明会幹部はそれを認めようとしない。

 「はだかの王様」という寓話がある。王様が裸であることは皆、気付いていたが、王様の機嫌を損ねないように皆、「気付かないふり」をして、「王様、すばらしい服ですね!」とおだてていた。
 神慈秀明会という「はだかの王様」の実態に気付いていながら、信者はおろか秀明会幹部も誰一人としてその問題点を指摘しようとしない。このような態度は問題の解決を先送りにするだけであり、このような組織には発展はおろか、存続の道も残されていない。

 もし、秀明会に迫ったこうした危機から組織を守る「救世主」にならんとする者がいたならば、その者は秀明会に課せられた解決しなければならない諸問題を直視し、現実的な解決策を早急に講ずるべきである。
 小山一族に牛耳られた組織に、救世主として新風を吹き込むことができる卓越した人間がいればの話であるが・・・。
 「私には、到底そのように組織を改革する力はない」というのであれば、一刻も早くこの秀明会という名の「はだかの王様」世界から離れ、「まともな社会生活」への道を模索することが賢明な判断である。

 カルトは宗教ではない。神慈秀明会というカルトにあなた自身が存在することが、あなたの大切な家族にどれだけ苦痛を与えているかを考えて頂きたい。
 信仰は大切なものである。しかし、神を信ずるものが信仰者なのではない。たとえ一つでも自分の中に神の光を輝かせる時間を持つことが真実の信仰者の姿である。そのためには自分の頭で考えることが欠かせない。本当の神仏は、その人の生き様の中から滲み出てくる光の中にこそある。カルトを盲信することは破滅への道をたどるだけである。

私から言わせれば、秀明会は、カルト宗教ではなく、ペテン師詐欺集団もしくは、明主様信仰詐欺教団と言ったほうが適切でないでしょうか。
明主様フランドを掲げて、ここが(秀明会が)明主様信仰を全うに継承していると散々言い聞かせ信じ込ませ多額の献金を強要し、しかも無知な、女・未成年・高齢者を言葉巧みに信じ込ませて金銭を吸い上げご自分は私腹を肥やしていた。
しかもオレオレ詐欺より性質が悪い、オレオレ詐欺は、その場で(金銭を取れて数日で騙されたことが分かるが、秀明会は、精神的にも騙し、長期に渡って金銭をむしばむそのせいで家族まで巻き込んで自己破産や、離婚・自殺さえあったとこを考えたら絶対許されません。
全うに明主様信仰を実践しているのであればこのようなことはあり得ない。
秀明会にはない明主様の教えを本家(世界救世教の書物)読みましたがやはり秀明会は偽ブランド(偽明主様信仰)と確信しました。
ニセブランドは、摘発すべきで、明主様信仰を名乗ることは、他の明主様信仰をしている信者及び教団に対して非常に失礼で、明主様と言う言葉を発して欲しくない。
明主様信仰と思い込んでいる秀明会の末端の信者は、この上もない愚かで、可哀そうでなりません。
この事実を秀明会信者に分かってほしい。



[4651] 無題 投稿者:匿名 投稿日:2011/07/28(Thu) 02:22  

マインドコントロールによって、秀明と縁を切れないようにされている方が多いと思います。記憶を操作されたり、脅迫されたり、恋愛感情を利用されたり、あれやこれやと手を考えてくるでしょうが負けないで下さい。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -